このページの先頭です

次世代企業(ホワイト企業)認定の審査項目

ここから本文です

ホワイト企業となるための要素として以下の6つの項目において審査を実施します

ホワイト企業認定の審査6項目

ホワイト企業の6つの認定指標

認定に当たっては、ホワイト企業の指針として、下記の6つを指針として判断をいたします。

  1. 法令遵守
  2. ビジネスモデル/生産性
  3. ワーク・ライフバランス/健康経営
  4. 柔軟な働き方
  5. D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)
  6. 人材育成/働きがい

これらの6つの指標をバランスよく、かつ基準を満たした企業をホワイト企業と認定いたします。

法令遵守
  • ・社会のルールである法律や社会良識に沿った企業活動を行っている。
ビジネスモデル/生産性
  • ・ 長期ビジョンを従業員と共有し一体感ある組織づくりを行っている。
    生産性向上のための画期的な取り組みを行っている。
ワーク・ライフバランス/健康経営
  • ・ 従業員のワーク・ライフバランスの実現に向け、創意工夫した取り組みを行っている。
    従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践している。
柔軟な働き方
  • ・ 全ての従業員が“働きやすい会社”を目指して、就業場所や時間、ライフステージにとらわれない多様な勤務形態を導入している。
D&I(ダイバーシティ&
インクルージョン)
  • ・ 全ての従業員がそれぞれの特色/個性/経験等を活かし“活躍できる会社”を目指して、多様な人材の活躍支援を行っている
人材育成/働きがい
  • ・ 従業員の育成/能力開発のための画期的な取組を行っている。
    従業員の働きがい向上のための取り組みを行っている。

お問い合わせ・ホワイト企業無料診断はこちら