このページの先頭です

ホワイト化のヒント

ここから本文です
企業向け
健康経営の取り組みは企業事例から学ぶ!具体策と注意点まとめ

働き方改革関連法の施行に伴い、企業が従業員の健康に配慮し生産性の向上を実現する「健康経営」の重要性が見直されています。

経済産業省でも、健康経営に取り組む上場企業の中から原則1業種1社を「健康経営銘柄」として認定・表彰する制度を実施するなど、国を挙げた取り組みもスタートしましました。

では、健康経営の導入を成功させるには、具体的にどのような施策が効果的なのでしょうか。

ここではの先進企業事例を参考に「健康経営の推進を成功させる具体策と注意点」を詳しく解説していきます。

健康経営については「健康経営とは?目的・背景やメリット、企業の特徴をわかりやすく解説」も併せてご覧ください。

健康経営の導入方法と具体策

まず初めに確認しておきたいのが、「健康経営」の導入の仕方です。

経済産業省が発表した「企業の健康経営ガイドブック」を参考に、どのような手順で健康経営を推進するべきかチェックしてみましょう。

【出典】企業の「健康経営」ガイドブック – 経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課

経営理念・方針の位置づけをする

健康経営を実現するためには、まず経営のトップが健康経営の重要性を理解し、その考えを社内外にしっかり示すことが大切です。

健康経営を経営理念の中に明文化し、企業として一丸となって取り組む姿勢を従業員や投資家へ向けて発信することが望ましいと考えられています。

また、具体的にどのような取り組みをするべきか組織としての行動指針を示すことで、実現に向けた一歩を踏み出すことができます。

組織体制づくりをする

次のステップは従業員の健康保持・増進に向けて実行力のある組織体制を構築することです。
健康経営を推進する専門部署を設置するほか、人事部など既存の部署に専任職員・兼任職員を置く方法があります。

取り組みへの効果を高めるためには、専門資格を持つ職員の配置や担当する職員に対する研修も有効です。

経営トップはもちろん、企業全体において健康経営の必要性を共有するには、企画立案の段階から役員会での討議事項とするなど、組織体制を整備することが重要です。

従業員の健康状態を把握し、施策を実行する

従業員の健康状態がわかるデータ(健康診断の結果や長時間労働の状況、特定保健指導の要否、医療費内訳など)を把握・分析して、部署・業態別の健康課題を明らかにし、医療費の削減やメンタルヘルスの軽減に向けた具体的な目標を立てます。

そして、経営理念に沿って、目標実現に向けた施策を実行します。

長時間労働の抑制や有給取得の促進など働き方への配慮や、生活習慣病のハイリスク群にある従業員に対する保健指導は、企業全体の意識向上につながります。

健康経営に取り組む際のポイント・注意点

健康経営の導入までの流れが見えてきたところで、健康経営に取り組む際のポイントと注意点を抑えておきましょう。

企業のトップが主導する

健康経営を成功させるためには、企業のトップ(経営陣)が先陣を切って取り組まなければなりません。

健康経営は経営方法の1つであることを理解し、その重要性を従業員に向けて発信することが大切です。

すぐに結果を求めない

健康経営は3倍の投資効果があるといわれていますが、すぐに結果が出る訳ではありません。

長期的な視点で継続的に取り組むことで、その効果を初めて実感できるのです。

取り組みの効果検証を行う

健康経営の取り組みを始めたらそれで終わりではありません。

健康経営を推進するには、取り組みを実施したら必ず検証をして、次の取り組みに生かせるよう「ストラクチャー(構造)・プロセス(過程)・アウトカム(成果 )」の3視点から評価をすることが重要です。
詳しくは「厚生労働省-標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 (2)評価の観点」をご覧ください。

そうすることで、PDCA(Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善))がしっかり機能する体制が整い、業務の効率化が期待できます。

健康経営に取り組んでいる企業の事例

では、健康経営を成功させた企業では、具体的にどのような取り組みが行われているのでしょうか。

一般財団法人日本次世代企業普及機構が主催する「第4回ホワイト企業アワード」において、「健康経営」部門で受賞した2社、「株式会社スヴェンソン」と「株式会社サカタ製作所」の事例をご紹介します。

株式会社スヴェンソン|健康促進サイクルを構築し治療と業務の両立支援

医療用ウィッグや治療中に必要な生活用品の通販事業などを展開している株式会社スヴェンソンは、「予防⇒発見⇒治療⇒復職/両立支援」の健康促進サイクルを構築するため、さまざまな健康経営の取り組みを行っています。

これまで何らかの理由で働きたくても働けなかった人財に活躍の場を提供することが期待できます。

サイクルの各段階をそれぞれ説明します。

予防

  • 毎日昼礼時に体操を実施

本社従業員(約140名在籍)が毎日昼休憩前に3分程度の体操を行っています。
昼礼終了時にデスクワークで固まった体をほぐし、リフレッシュして午後の業務に取り組むことが目的です。

  • 階段利用の促進

階段の利用を促進するために、年に1回1週間「3UP5DOWNウィーク」を設定し、階段の段数をポイント化する「階段利用キャンペーン」を実施しています。
上位者には「スニーカー購入費補助券」が贈呈されるなど、各部署対抗のイベントとして盛り上がります。

発見

  • 健康診断の受診率向上

健康診断の受診率を上げるために、2016年度よりレポートラインを通じて未受診者に案内をし、受診を促す取り組みを徹底しました。
2016年度は97.1%、2017年度は95.6%と高水準の受診率を維持しています。

  • 健康診断の再検査費用補助の導入

2018年度より、受診の結果「再検査」または「精密検査」を要すると診断された者に対して、再検査受診費用を補助(上限 5,000円)する制度を導入しました。
早期に再検査・精密検査を受けることで、病気の早期発見・早期治療に努めています。

治療

  • 私傷病による休職期間の延長

より十分な治療ができる期間を確保できるよう、下記の通り私傷病による休職期間を延長しました。

勤続期間 改定前 改定後
1年未満 30日 60日
3年未満 90日 120日
5年未満 120日 180日
10年未満 180日 300日
10年以上 1年 1年(変更なし)

復職/両立支援

  • がん治療休暇の導入

2018年度より年間10日の有給休暇「がん治療休暇」を導入し、がんを患い治療と業務を両立している従業員の支援をしています。

株式会社サカタ製作所|社員が輝く健康増進でモチベーションUP

公共産業用建造物の金属屋根に特化した取り付け金具の専業メーカー、株式会社サカタ製作所は、「社員が輝く『組織づくり』『人づくり』に取り組みます」を標語に、「健康増進」「積極的に体を動かす運動機会の増加」「コミュニケーション形成」を目的としたさまざまな取り組みを行っています。

短期的な取り組みではなく、中長期的で「働きやすい職場づくり」の実現に向けた取り組みは、社員満足度やモチベーションの向上、生産性向上に繋がります。

運動

やる気はあってもきっかけがなくて運動のできない従業員に向けて、「バランスボールの利用呼びかけ」「サークル活動の紹介」「健康づくりチャレンジ」を実施しました。

禁煙

禁煙したいけれどやめられない従業員を支援する「禁煙チャレンジ」を実施したことで、半年後に2名が卒煙しました。

食事

1日に必要な野菜の量を知るために、実際に野菜を盛って確認する「野菜プラスランチ」や、味噌汁の最適な塩分量を塩分度計を見ながら試飲する体験型イベントを実施しました。
また、自販機の糖分表示や自販機健康飲料の設置をしました。

睡眠

生産性アップのために昼寝スペースを改善、睡眠関連の福利厚生サービスの紹介をしました。

健康診断

歯の健康状態を把握してオーラルケアに関心をもってもらうため、会社で歯科検診を実施しました。
また、人間ドックや特定保健指導の必須化、二次検査受診率向上のため要所見者へのパンフレット配布、健診データの整備を行いました。

健康経営をサポートしてくれる企業やサービス・ツール

「特定健康指導に引っかかっている従業員を何とかしたい」
「健康不良の自覚症状のある従業員が多くて困っている」
「でも、健康経営を始めるために何から手を付けたらいいのかわからない」

そんな企業におすすめなのが、500社以上の効果を実感しているライザップの法人向けサービスです。

ライザップでは、現在175(2018年12月現在)を超える医療機関や大学の研究機関と共同で医学的見地からボディメイクを研究し、従業員の体質にあった最適なトレーニングや食事指導のプログラムを提供しています。

実践型健康セミナー

講義とトレーニング体験を組み合わせた60~120分の新感覚参加型セミナーです。

実際にRIZAPトレーナーが企業に出張し、従業員の健康意識向上を図る人気のサービスです。

どの時間帯でも実施可能なので、平日は18時以降(ノー残業デー等)や土曜日の午前中に多く実施しています。

参加者アンケートでは99%が「生活習慣を振り返るきっかけになった」と回答し、翌日から「自宅で筋トレを実践する」「低糖質食を実践する」など、その効果を実感しています。

講義内容

  • 肥満がもたらす生活習慣のリスク
  • 脂肪燃焼効果を追求したRIZAPメソッド
  • 低糖質+高たんぱくの食事法
  • 脂肪燃焼に最も効果的な運動方法
  • 適切な食事や運動の習慣化の秘訣
  • RIZAPトレーナーのマル秘テクニックなど

トレーニング体験

  • 脂肪燃焼効果の高いRIZAP式トレーニング
  • 腰痛や肩こりを解消するエクササイズ
  • デスクワークの合間にできるストレッチ
  • 自宅でできるトレーニング法

出張型トレーニング

毎年の検診でなかなか数値の改善が見られない従業員を対象に、職場で受講可能な生活改善プログラムをRIZAPトレーナーが3カ月間かけて集中提供する出張型トレーニングです。

【出典】企業の健康経営にコミット! – RIZAP

まとめ

健康経営の推進を成功させるポイントは、自社の現状をしっかり把握・分析し、課題に適した取り組みをすることです。

企業としての利益を追求するためにも、従業員の健康を第一に考えた新たな経営をスタートさせてみませんか?

2019.06.24 up
Pocket