このページの先頭です

ホワイト化のヒント

ここから本文です
企業向け
モチベーションの維持・向上を意識した人材育成で生産性UPを目指す

企業の経営において従業員のモチベーション管理は非常に重要です。
しかし、社員のモチベーションを上げ、維持することは容易ではありません。

今回は、モチベーションをアップさせることによるメリットや、モチベーションを上げるための方法などをまとめました。

モチベーションとは?

モチベーションを一言で表すと、「意欲」や「動機付け」のことです。
より分かりやすく言うと「やる気」です。

働いてもらう上で、従業員のモチベーションを管理することは非常に大切です。
モチベーションが保てなければ、仕事に対してしっかりと取り組むことができず、生産効率が落ちたり、ミスが増えたりするでしょう。

モチベーションは2種類に大別される

またモチベーションは、「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」の大きく2つに分けることができます。

外発的動機づけ

外発的動機づけは、外部・自分の周りに起因します。
お金が欲しい、周りから評価されたい、認められたいといった理由によって動機づけされ、モチベーションとなるのです。

お給料やボーナスが増えることで、従業員のモチベーションが上がるということは想像しやすいと思います。

内発的動機づけ

内発的動機づけは自分の中、考えなどに起因します。
仕事に対して興味・関心がある、仕事が好きといった気持ちからの動機づけです。

内面から沸き起こる関心や興味はモチベーションに大きく影響します。

内的動機づけの方が、外的動機づけよりもモチベーションに繋がりやすく、モチベーションの高い社員ほど、内発的動機づけがしっかりとできている傾向にあります。

人材育成によるモチベーションマネジメント

組織で1つの目標に進んでいく以上、メンバー全員のモチベーションを高め、最大限の成果を出すためには、モチベーションマネジメント(管理)が大切です。

人間に共通する「認められたい」という承認欲求を刺激したり、仕事を好きになってもらったり、組織全体の雰囲気を盛り上げていくことがモチベーションマネジメントです。
具体的方法については後半でご紹介します。

従業員のモチベーションを維持することのメリット

従業員のモチベーションを維持することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

モチベーションを管理する意味を理解し、社内で実践していきましょう。

職場の活気が出る

従業員のモチベーションが高くなれば、率先してコミュニケーションを取るようになり、仕事に対して積極的に取り組むようになります。

活気がある職場では、新しいアイデアが出たり、活動領域を広げていったりと様々な相乗効果が生まれていきます。

生産性が上がる

仕事における生産性とは、労働時間に対してどれだけの成果が得られたのかということです。
投入コストに対して、より多くの成果物が得られた方が良いことは言うまでもありませんから、生産性は企業にとって非常に重要です。

特に製造業などでは、同じ時間でいかにたくさんの商品が作れるかが大事ですよね。
製造業に限らず、サービス業や商品開発においても生産性の向上は必要不可欠です。

社員のモチベーションが高ければ、意欲的・自発的に仕事をこなすようになるので、生産性はどんどん上がっていくでしょう。

従業員のモチベーションが下がる原因

モチベーションが常に高ければ何も問題はありませんが、実際のところモチベーションを維持することは難しいです。

ここでは、従業員のモチベーションが下がる原因について紹介していきます。

モチベーション低下の原因が分かっていれば、それに対して適切な対策を練ることができます。

身体的疲労を感じている

1つ目の原因は、従業員個人の身体的疲労によるものです。

要因としては、長時間労働や残業、プライベート上でのトラブルなどが挙げられます。

業務状況について把握し、労働環境を整備することは、従業員の疲労回復につながります。
また、企業側からアプローチできる問題については積極的に話を聞いたり、相談に乗ることによって改善することができます。

従業員の健康に気を配ることはモチベーション向上に必要です。

【関連】健康経営とは?目的・背景やメリット、企業の特徴をわかりやすく解説

会社に不満を感じている

2つ目の理由は会社に対して不満を感じていることです。

モチベーションは外発的と内発的に分けられると述べましたが、このどちらか、あるいは両方が満たされていないときに、モチベーションが低下しやすくなります。

例えば、給料が安い、昇進できない、評価が受けられないといった外発的な要因、あるいは会社や仕事、職場の同僚を好きになれないという、内発的な要因からモチベーションの低下につながります。

頑張っても自分にリターンがない場合や嫌いな仕事に就いている場合、従業員は仕事を頑張る気持ちになりません。
従業員1人1人に対して正当な評価を下すことが重要です。

モチベーションの低下によって生じる悪影響

従業員のモチベーションが低いことによって、どのような悪影響があるかについてまとめていきます。

モチベーション低下がどんな悪影響を及ぼすかを知り、従業員のモチベーションアップについて考えていきましょう。

生産性が低下する

従業員のモチベーションは企業の生産性に直結します。

べインアンドカンパニーとプレジデント社の共同調査によると、「やる気に溢れる」と回答した従業員の生産能力は、225%でした。
一方で「仕事に満足していない」という従業員の生産性は71%でした。

【出典】プレジデントオンライン ”3人に1人”の不満社員を奮起させるには

「仕事に満足していない」従業員と、「やる気に溢れる」従業員の生産性の差は約3.2倍にもなります。
100人規模の企業で考えると、生産性に320倍もの差が出てきます。

移り変わりの激しい現代社会においては、やる気のない社員が集まる企業はすぐに淘汰されてしまうでしょう。

いかに、やる気を上げることが大事か分かります。

優秀な人材が流出しやすくなる

行動力に優れ、積極性もあり、リーダーシップも取れるような優秀な従業員が、モチベーションの低下によって会社から離れやすくなります。

自分のやりたいことはこの会社ではできない、成長できない、と考えればすぐに他の転職先を探して、会社を辞めていくでしょう。

将来的には幹部を任せられるほどの人材が他の企業へ流出することは、企業にとって大きな痛手になります。

モチベーションを維持・向上できる人材育成のポイント

続いて、モチベーションを維持・向上するための人材育成のポイントを紹介していきます。

企業を経営していく上で非常に大切なポイントになります。

期待していることを伝える

企業から期待されることは、従業員にとってモチベーションが上がるポイントです。
「自分は期待されているから頑張ろう」という思考になれば、熱意を持って仕事に取り組むことができるでしょう。

『ピグマリオン効果』や『ホーソン効果』によっても、他者への期待値がその後の成長を決定づける大きな要因のひとつになると証明されています。

『ピグマリオン効果』は、教師の期待によって学習者の成績が向上することを示しています。
『ホーソン効果』は、医師の期待によって、治療を受ける人の行動に変化を与え、治療結果が向上することを示しています。

このように学術的にも証明されていますので、従業員にあなたが期待していることを伝えていきましょう。

目標を明確に定める

目標を定めることも従業員のモチベーションを維持させるポイントです。

漠然と仕事に取り組むよりも、目標がしっかりと設定されていた方が、従業員のやるべきことが明確化されるので、仕事の効率が上がります。

目標設定のポイントは、「達成可能な目標を定めること」です。
目標が高すぎたり、難しかったりすると、達成できるビジョンが見えません。
初めから目標が達成できないとなると、逆に従業員の意欲低下を招きますので、適切な目標設定が大切です。

『目標達成理論』によっても、目標設定が個人の行動を明確化し、生産性の向上を図ると示されています。

また、『未成熟・成熟理論』によると「個人は自己実現を目指す」ことが証明されています。
目標を定めることで、目標を達成しようと努力し、自己実現を目指すようになるという理論です。

これら2つの理論からも、従業員の目標を明確に定めることが大切であると分かります。

仕事を好きになってもらう

モチベーションには、外発的動機づけと内発的動機づけがありました。
『アンダーマイニング効果』から、内発的動機づけを持った従業員を増やすことが重要であることが分かります。

『アンダーマイニング効果』とは、行動の対価が内発的動機づけから外発的動機づけに変わると、無意識のうちにモチベーションが低下するという心理的な動きのことです。

例えば、自分のスキルを上げたい、世の中の人の役に立ちたい、企業での目標を達成したいという内発的動機づけを持っている従業員がいたとします。

しかし、その仕事に対してボーナスなどの外発的動機付けを与えると、次第に「報酬をもらえないのなら頑張りたくない」というように、内発的動機づけが外発的動機づけに置き換わってしまうようになります。

この従業員のモチベーションは大きく低下し、生産性も落ちていきます。

モチベーションを向上・維持するためには、仕事を好きになってもらい、自発的に行動できるようにすることが必要です。

目先の報酬で一時的にモチベーションをあげるのではなく、企業側から、仕事が何の役に立つか、世の中の人にどんな影響を与えるかを具体的に説明し、仕事をする意義を伝えることが大切です。

正当な評価を行う

人は誰しも認められたい、評価されたいという承認欲求を持っています。

しかし、企業から正当な評価を受けられないと感じると、モチベーションが大きく低下してしまいます。

「こんなに頑張っているのに、こんなに企業に貢献しているのにまったく評価されない」と感じると企業に不信感を抱きやすくなります。

正当な評価を下すためには、昇進基準を明確にしたり、昇給条件を掲示することが必要になります。

先進企業に学ぶ!具体的なモチベーションアップ方法

最後に具体的なモチベーションアップ方法について先進企業の事例を見ていきましょう。

あなたと同じように、社員のモチベーションアップに悩み、実際にモチベーションアップを成功させた企業を紹介していきます。

株式会社Sansan|他部署間飲み会

名刺管理システムを手掛ける株式会社Sansanでは、他部署間飲み会を推奨しています。
他部署と飲みに行く場合には、企業側から飲み代の一部が支給される嬉しい制度があります。

自分の部署内にとどまらず、他部署の従業員とのコミュニケーションを深めることが目的です。
企業全体でコミュニケーションが活発化するので、モチベーションを上げることができ、仕事もスムーズに行うことができます。

また、「あの部署に負けないように自分たちも頑張ろう」という従業員も増えていくでしょう。

株式会社ZOZO|6時間労働制度

株式会社ZOZO(旧:スタートトゥデイ)はZOZOTOWNを運営する大手ファッション企業です。

ZOZOでは6時間労働制を導入し、従業員のプライベートの充実化を目指しています。
ワーク・ライフバランスが充実することで、モチベーションアップに繋がると考えられています。

おしゃれをする暇がないほど忙しい人が、おしゃれについての情報を発信するのはナンセンスで、良いサービスが期待できないという方針です。
短い時間でも生産性を落とさず、効率よく仕事をすることが必要であるとされています。

株式会社VOYAGE GROUP|社内バー

インターネットに関連するメディア関連事業を扱う株式会社VOYAGE GROUPでは社内にバーを設けています。

18時半以降であれば、従業員は無料でお酒が飲み放題です。
軽い打ち上げや、仕事後の会議に使われます。

ひらめきや出会い、コミュニケーションが生まれる場としてモチベーションアップに貢献しています。

株式会社CRAZY|グレートジャーニー制度

ブライダル事業を手掛ける株式会社CRAZY(旧:UNITED STYLE)では、1年に1か月以上の休暇を取ることができます。

1か月もあれば、海外旅行に行ったり、足りないスキルを身につけるのには十分な期間です。

休暇を終えた後には「会社のためにがんばろう」と思う従業員が増え、企業全体の生産効率が向上することでしょう。

未来工業株式会社|アイデアを500円で買い取る

未来工業株式会社では社員のアイデアを500円で買い取る制度があります。

すぐに自分の考えやアイデアを自発的に発表できる人は少ないですが、500円で買い取ると宣言することによって活発な発言が促進されています。

最低でも500円もらえるので、多くの従業員が積極的にアイデアを提案しています。
社内で採用されれば最大で3万円、年間で200件以上出せば15万円が支給される魅力的な制度です。

能動的な従業員を育てることができ、企業発展に大きく貢献しています。

まとめ

今回は従業員のモチベーションについて紹介してきました。

従業員のモチベーションが下がる理由から、下がったことによる悪影響を理解し、モチベーションを上げる方法を実践してみてください。

全国の企業がモチベーション維持に頭を悩ませていますが、一方でモチベーションアップに成功している企業もたくさんあります。

実際に他の企業のまねをしてみたり、独自の新しい方法を考え、従業員のモチベーションを向上させましょう。

2019.11.18 up
Pocket