このページの先頭です

取得企業一覧・インタビュー

株式会社アキュラホーム

第2回 ホワイト制度 部門大賞

企業名 株式会社アキュラホーム
ご担当者 総務人事部 人事課長 池沢様/広報課 課長 堀越様
企業HP http://www.aqura.co.jp/

インタビュー

ホワイト企業アワードにご応募いただいた理由・狙いについて教えてください。

第1回のホワイト企業アワードにエントリーさせていただいた時と同じになるのですが、弊社は社員の幸せを実現しようということで様々な諸制度を導入してきております。弊社の制度は本当に良いのか、不安な部分もあります。ホワイト企業アワードにエントリーされている他社様の中で選ばれれば、どのような位置づけなのか確認ができると思いました。また、最近の採用では福利厚生の充実を求職者がポイントとしているケースもあり、採用の場面でも訴求できるのではとも思いエントリーしました。

 

 

受賞に至ったと思われる特徴的な施策、取り組みをご紹介ください。

長期休暇制度です。長期休暇制度は、9日間の連続休暇を通常の休暇にプラスで取れ、仕事と休みのメリハリがつけられる制度です。突発的に9日間休暇を取ることは難しいので、長期休暇制度では事前に、いつ休暇を取るのか、また休暇中に何をするのか、と計画を立てます。こうすることで、休暇を取るために仕事を自分で事前に調整したり、周囲の理解・協力を得ることが出来、高い取得率となっております。社歴が若いほど有給休暇は取得しづらい空気感はありがちですが、弊社では社歴によって連続休暇の取得率が変わることはありません。それも役職が上の者が進んで長期休暇を取得しているからだと思います。実施1年目で7割を超える社員が長期休暇制度を利用しています。

 

 

その施策、取り組みの効果について教えてください。

長期休暇制度を実施したことにより、楽しい休みとするためにどうしたら効率よく仕事ができるか皆が考えるようになり、チームのメンバーとの情報共有など様々な体制が変化していきました。もちろん、自分の仕事を放棄して休むことを推進しているわけではありません。休みを取るために計画的に仕事に取り組み、自分が休暇中でもチームで対応できるようにしましょうと伝えたことで、仕事と休暇のメリハリを持てるようになったと思います。この施策を行ってからも業績は伸び続けています。総じて、長期休暇制度を導入したことにより、仕事の属人化を防ぎ、チームで業務にあたる仕組みが作られました。そして計画的により前倒しで仕事を段取りすることが身に付き、結果本質的に生産性がアップしました。
また、実施後に行ったアンケートによると、先に話したように社歴の若い方も休暇を取りやすくなったことや、モチベーションがアップしたという結果になりました。計画した長期休暇を取得するために、今ある仕事に前向きに取り組む様になったと思います。また休暇後は、来年は何をしようかと計画するようになり、それに向けてより一層前向きに取り組めるようになりました。効率化を図ったら長時間労働が削減された、ということが一般的だと思いますが、弊社は、「お客様をしあわせにするためには、まず社員がしあわせでなければならない」という理念のもと、社員が幸せで充実した休暇を取得するためには、業務をどのように効率化すればよいかと、考えるきっかけになりました。

 

 

上記取り組み導入から実施、成果があがるまでに苦労したポイントはありますか?

制度実施前のアンケートでは、「無理だろう」とネガティブな気持ちを持っている社員が数多くいました。アンケートには記載していないが、心のなかではネガティブな気持ちを持った見えない層の社員もいると思うと、不安になりました。本当にこの制度を実施しても難しいのではないのか、という怖さも正直ありました。実際に制度をスタートさせて3~4ヶ月は取得率が伸び悩んだ時期もありました。しかし、発信し続ける事で社員の意識も変わりだし、長期休暇を取るために効率化して頑張ろう、というポジティブな気持ちに変化していきました。トップの強い意志とその意志を常に発信していくことが必要なのだと改めて思いました。

 

 

認定後、社内・社外から感じられた効果はありますか?

外部の方は、弊社がホワイト企業アワード大賞を受賞したことを知らないことが多いです。弊社のことを調べていただいた際に、そんな賞を取られているのですね、と印象が良くなりました。第三者からの評価のため、弊社の魅力を明確に伝えられて、また納得感を持っていただけていると思います。ホワイト企業という言葉にインパクトを持って頂いています。弊社の「お客様をしあわせにするためには、まず社員がしあわせでなければならない」という理念を知っていただくと同時に、社員が生き生きと活気があっていいな、と思ってもらえる様になりました。やはり、家を建てたいお客様に喜んでもらうために安く提供するために社員が幸せに働けない環境では意味が無いと思います。

 

 

一覧にもどる