このページの先頭です

取得企業一覧・インタビュー

株式会社アキュラホーム

第1回 女性活躍部門賞

企業名 株式会社アキュラホーム
ご担当者 総務人事部人事課長 池沢様 広報課課長 堀越様
企業HP http://www.aqura.co.jp/
従業員数 1,009名(平成27年4月1日現在)
事業内容 住宅事業、工務店支援事業、研究開発事業
授賞理由
CSR部門賞に関しては、東日本大震災時に、プレハブではなく木造の応急仮設住宅107戸の建設を行った「木造応急仮設住宅建築」活動、および5年間で8220枚の小学校学習用机の天板を小学校に寄贈した社会貢献活動「木望の未来プロジェクト」が受賞のポイントとなりました。
女性活躍部門では、しあわせ一時金制度、育児コース転換制度、育児短時間勤務制度、などの諸制度が受賞ポイントとなりました。

インタビュー

ホワイト企業アワードにご応募いただいた理由・狙いについて教えてください。

アキュラホームでは社員の幸せを実現しようということで様々な諸制度を導入してきております。その中で今回のホワイト企業アワードの募集を拝見し、当社の取り組みの価値が第3者、公的な機関から見たときにどのような位置づけなんだろう、本当にそもそもいい制度なのかどうか、このあたりを確認したかったということが応募の背景にありました。

受賞に至ったと思われる特徴的な施策、取り組みをご紹介ください。

建築不動産業界は長時間労働の文化があり、またどうしても昔から男性中心の社会でもあったため、女性活躍・ワークライフバランスに問題を抱えてきている業界といえます。そこにチャレンジしてきたのが当社の人事制度です。

 

〇採用について〇
ここ数年の新卒採用は男女比ほぼ5:5になっており、全800名の正社員における女性社員比率も25%を超えてきました。そして育休取得者も多数でてきており、最近の営業表彰社員も女性が強い、女性管理職も増えており、まさに女性が活躍できる、そのような体制になってきています。

 

〇子育て支援制度について〇
弊社では、従業員が産休・育休に安心して入っていただけるような制度や仕組みを構築し、スムーズな職場復帰を目指しており、また、その取り組み方針を明確に従業員に示しています。
具体的な取り組みとして、次のようなものがございます。

 

育児コース転換制度:入社後1年以上の正社員は、原則として子供が小学校就学の時期に達する日の属する月まで育児コース(パートナー社員)に転換できる制度。転換中にさらに子を出産した場合は「しあわせ一時金」を支給する。

しあわせ一時金制度:社員に子どもが生まれた場合に、一人目に対して会社から30万円、二人目に対して50万円、3人目以降は100万円、を祝い金として支払う、という制度です。
制度誕生から8年が経過するのですが、すでになんと1億円を超える祝い金を支払ってきております。

そもそも私たちはお客様に素敵な住宅をご提供し、「家族の幸せ」を実現するお手伝いをしている会社です。その社員がそもそも幸せでなければ、いいサービスを提供できるわけがない、というのが代表の宮沢の哲学です。社員の幸せづくり、これがアキュラホームにおける重要なミッションでもあるので、そこをどう支援していけるのか、がすべての根底にある考え方であり、その考えを元にして様々な制度の導入をすすめております。

その考えが根本になっているその他の取り組みとして、「JAHBnet」という仕組みを展開しています。
お客様の幸せの家づくり「永代家づくり」、永代続く幸せの家づくりを提供していくという理念において、社員の幸せも欠かせないわけですが、私たちの取り組みとして、アキュラホームがサービスを提供していないエリアにも素晴らしい家づくりのご支援ができないか?ということを考えた仕組みです。

簡単にいうと、地方、各地域の工務店さんのご支援として、アキュラホームが長年取り組んできた「安くてよい住宅づくり」のノウハウ・システムを全国の工務店さんが利用できる仕組みです。

これをフランチャイズではなく提供しているのも、ある意味会社の利益さえでればいい、という概念とは違う宮沢の「日本の家づくりを変える」という思いからきています。お客様の幸せ・工務店さんの幸せ・社員の幸せ、そのうえに会社はある、ということだと思います。

一覧にもどる