このページの先頭です

取得企業一覧・インタビュー

株式会社アルペン

第1回 女性活躍部門賞

企業名 株式会社アルペン
ご担当者 専務取締役 マーケティング本部長 水野敦之様/人事部 人事企画グループ 女性活躍推進プロジェクトリーダー 菊池美穂様/女性活躍推進プロジェクト兼任 河村知佐様
企業HP https://www.alpen-group.jp/
事業内容 スキー用品等各種スポーツ用品、レジャー用品の商品開発・販売/ スキー場等の経営

インタビュー

ホワイト企業アワードにご応募いただいた理由・狙いについて教えてください。

応募の理由は、賞を取りにいくというよりも、他の進んだ企業がどのような取り組みをしているのか等これからの道しるべや情報収集という意味で応募したのが正直なところです。

 

受賞に至ったと思われる特徴的な施策、取り組みをご紹介ください。

女性活躍の分野に力を入れています。
まず女性が働きやすい環境を整えることが、多様化するニーズに対応した強い組織、競争力のある会社の構築につながると考え、昨年8月に女性活躍推進プロジェクトがスタートしました。
女性が活躍できる職場にするには、「制度」「環境」「相互理解」が必要であると考え、育児・介護と両立させるための社内制度と、利用しやすい社内風土をつくるため、管理者教育に特に力を入れています。

 

〇「イクボス宣言」について〇
“店舗で女性が活躍できなければ、アルペンの女性活躍とは言えない”という考えのもと、社内の風土を大きく変えるべく販売部トップの宣言からこの取り組みが始まりました。
この宣言を受け、販売部のチーフ、地区長がそれぞれ「イクボス10か条」を作成し、順に部下へイクボス宣言を実施しました。
そこから全社の取り組みへと発展し、今では役員、部室長、チーフ、地区長全ての管理職、および店長を対象とした「イクボスセミナー」を受講後、日頃の自らの言動や働き方を振り返り、各部署、各店舗の状況や実態に応じた10項目のチェックリストを作成しています。そのため、100人いれば、100通りの宣言が行われています。

 

この取り組みでは考えるプロセスを一番大切にし、女性活躍、ダイバーシティを日々意識して行動してもらう、ひとつのきっかけとしています。

 

〇その他女性活躍推進のための取り組み〇
・妊娠中、育休中、短時間勤務社員を対象に社内SNSを設置
・両立支援cafeの実施…同世代の女性社員を集め、今後の働き方などについて話し、育休取得率の向上、女性社員同士の横のつながりをつくるという目的をもっておこなっています。
・ジョブ・リターン制度
・ジョカツ座談会…全国の店舗の女性社員、店長を地域ごとに集め、女性活躍や働き方についてディスカッションを行うことで相互理解を深めます。

 

上記取り組み導入から実施、成果があがるまでに苦労したポイントはありますか?

活動への正しい理解です。
例えば、セミナーの受講後、アンケート等で予想していた反応と違っていたり、ライフイベントが落ち着いている人には、「私たちの時は、そんなに甘くなかった」となかなか理解されにくい部分もあります。そうした方々にも、いかに理解してもらい、協力してもらえるかが重要なカギです。

なぜなら、女性活躍やダイバーシティを推進するための制度を利用するには、上司だけでなく、利用しやすい職場の雰囲気も必要で、アルバイトの方の協力が欠かせません。チームでいかに協力をして成果を出すかを、考える必要があります。

 

今後の課題・これから先目指す「取り組み」をお教えください。

女性が輝ける会社を目指すということで、もっと女性の店長を増やしていきたいと思っています。そのためには、社内の風土をもっと変える必要があり、また、「店長はこうあるべき」という固定概念を捨てなければなりません。例えば、店長は土日に出勤しなければいけない、イベントには必ず出なければいけない、遅番に入らなければいけない等、このような固定概念があると、どうしても女性が活躍しにくい環境になってしまいます。

さらに、女性の管理職(地区長以上)も増やしていきたいと考えています。今までは、必要な知識や配慮もなく男性と同じように扱われていた関係上、女性が選ばれない、また、女性もなろうとしないという状況が無意識に働いていたように思います。

また、これからは短時間勤務の店長もあたりまえの存在にしていくことにより、働き方や女性の活躍できる幅を広げるための事例を作りたいと考えています。現状は、女性の店長や店長代務が妊娠した場合など、本人も「周りに迷惑を掛けるから」という理由で、役職を退くのが実態でした。これからは、例えば女性の店長が店長のまま産休・育休・介護休を取り、店長の役職のまま復帰できるような職場にしていきたいと思っています。

男女を問わず、結婚、出産、育児、介護等のライフイベントがあってもやり甲斐をもって働き続け、キャリアを積むことができる会社にしていきたいと考えます。

一覧にもどる