ホワイト企業認定 「ホワイト企業とは?」

 ホワイト財団の岩元です。今回はホワイト財団が考えるホワイト企業の定義についてお話しします。今も働いている皆様も、経営者様も、おそらくよっぽどのことがない限り「いい会社」で働かれているのではないでしょうか?しかし、会社が目指す目標や方向性、また従業員が持つ価値観によって、働く人それぞれの「いい会社」があると思います。では、様々な価値観が混在する組織において、目指すべき「いい会社」、つまりホワイトな企業とは一体どんなものなのでしょうか?私たちが考えるホワイト企業の定義についてお話させていただきます。

財団が考えるホワイト企業の定義とは

 私たちが考える「ホワイト企業」とは、いわゆる世間で言われている「ブラック企業ではない企業」ではなく「家族に入社を勧めたい次世代に残していきたい」企業と考えています。 具体的には下記の3要素を併せ持ってこそホワイト企業と呼ぶにふさわしい企業ではないかと考えます。

  • 1、長期にわたって安全な経営を続けれられる優れたビジネスを行う企業

  • 2、従業員が安心して働き続けられるために優れた社内統治を行う企業

  • 3、時代のニーズに合わせた従業員の働きがい(エンゲージメント)を高く保つ企業

 このような企業経営を実現している企業をホワイト企業として定義しています。

 

ホワイト企業としての認定の基準とは?7つの基準

 

ホワイト企業の要件について、1,000社以上の調査実施により企業のホワイト化で取り組むべき70設問を作成しました。この70設問を7つの項目にわけ、総合的に判断・評価しているということが特徴になります。例えば、ワークライフバランスが充実しているけど、人材育成は力を入れていない企業を果たしてホワイト企業と呼んでもいいものかと。専門家を交え、議論を重ねた結果このような7つの基準として整備しております。

 

①ビジネスモデル/生産性

自社で行うビジネスが、高い安全性・安定性を有し長期永続が可能である。
また、生産性向上の施策を積極的に行いビジネスをさらに推進させている。

②ワーク・ライフバランス

全ての従業員のワーク・ライフバランスの実現に向けて就業場所や時間、ライフステージにとらわれないような柔軟な勤務形態を導入することで、キャリア実現を支援している。

③健康経営

従業員の健康を重要な経営資源として捉えて、個人の健康増進を企業の業績向上に繋げるための施策を取り入れている。

④人材育成/働きがい

働く従業員と企業の関係を対等ととらえ、お互いが同じ方向に向かって成長するための取り組みを行い組織力を強化している。

⑤ダイバーシティ&インクルージョン

全ての従業員がそれぞれの特色/個性/経験等を活かし、活躍できる会社を目指して多様な人材の活躍支援をおこなっている。

⑥リスクマネジメント

経営を行っていく上で障壁となるリスク及び、リスクが及ぼす影響について事前に対策し、危機発生の回避をするとともに、危機発生時の損失を極小化するための取り組みを行っている。

⑦労働法順守

従業員が安心して安全に働くことができ企業活動を円滑に行うために、労働に関する法律の内容を正しく理解し遵守している。

 

この指標ごとに10設問ずつ用意し、全70設問を設定しています。設問は「はい」か「いいえ」の二択での回答です。スコアが一定以上の点数であればホワイト企業と認定しています。スコアや不認定基準については後ほど解説します。

 

 

つまりは、今とこれからのキャリアを「自らで選ぶ」ことができる企業

 上記、ホワイト企業とは?という説明をしましたが、もう少しかみ砕いて説明をさせていただくと、ホワイト企業とは、全ての従業員が今とこれからのキャリアを選択することができる企業であると考えています。例えば、ビジネスが安定してないと、せっかくの大好きな会社で働きたくても働くことができません。すぐれたビジネスを学び、これからのキャリアを学びたいという方はスタートアップベンチャーを選んでいただきたたいと考えています。大切なことは「自分で選べる」こと。そのような基準で認定項目を整備しています。

ホワイト企業認定を取得する3つのメリット

 ホワイト企業認定を取得すると、採用について大きな成果を得ることができます。実績としては、エントリー数が3倍、説明会参加人数は5倍といった企業もあり、多くの取得企業様が喜んで頂いており、求職者様への知名度も少しずつ向上してきています。これから人材採用を積極的に行いたい企業様、また優秀な従業員の定着を検討されている方はぜひご取得をご検討いただければと思います。きっとご満足いただけると思います。

採用において、応募者の質が向上

働き方の多様性が求められている近年は特に、どの企業も優秀な従業員が長く働き活躍できる環境を整えています。

その素晴らしさも、伝えなければ意味がありません。

第三者認定の取得によりレコメンド効果とともに自社の魅力をわかりやすく伝えることができます。

採用エントリー数の向上

ホワイト企業認定は「働き方」を評価し外部認定となっており、求人メディアとの親和性が高い認定です。既存媒体やこれから契約予定のメディアへ取得実績を掲載することで、エントリー数の向上が見込めます。

内定承諾時の競合他社との違いとして

会社の労働環境を気にする求職者は見込みがないでしょうか?決してそうではありません。
むしろ、優秀な方こそしっかりと会社を調べています。
自社の素晴らしい教育制度や社風やはたらきがいも伝えられなければ意味がありません。

 

ホワイト企業認定の2つの効果

ホワイト企業認定には下記の効果が見込めます。

レコメンド効果

第三者からの認定を広報することでレコメンド効果を得ることができます。

自分たちでPRすることももちろん大切ですが、人からレコメンド(おすすめ)されることは、これからは応募する求職だけでなく、社内で働く従業員にとっての心理的安全性を提供することができます。

自社の社内管理体制の現状や課題の明確化

認定の審査項目は優秀な人材が活躍できる企業になるためのヒントが多数存在します。審査結果から、全国の企業の取り組み状況と比較ができ、今後取り組むべき課題が明確になります。

ホワイト企業認定は採用や候補のPRができるだけでなく、認定審査を進めることで自社の社内管理体制の現状や課題が明確化され、企業改善につなげられる構成となっています。

 

レコメンドリクルーティングならホワイト企業認定

2019年より「働き方改革関連法」が施行され、社内における働く環境の整備や改正、運用などに、多くの企業が取り組んでいます。また新型コロナウイルス感染症に伴い、テレワークが推奨されるなど、「働き方改革」がかつてないスピードで進展しています。このような時勢の中で注目されているのがレコメンドリクルーティングです。

レコメンドリクルーティングとは採用や従業員の働きがい向上のために信頼できる第三者機関の認定を取得し、自社の価値を向上するブランディング施策のことを言います。

レコメンドリクルーティングに活用できる第三者機関の認定としてはホワイト企業認定以外にも下記のようなものがあります。

 

ホワイト企業認定は、企業のホワイト化を総合的かつ客観的に評価する国内唯一の認定制度です。
”次世代に残すべき素晴らしい企業”を発見し、ホワイト企業認定によって取り組みを評価・表彰しています。人々がそれぞれの個性と特徴を活かしながら、溌剌と創造的に働く。そのような企業を発見し、普及する制度となっています。

ホワイト企業認定の設問構成と企業区分

ホワイト企業認定はすべての企業を公平に審査するために企業規模で区分けし、企業規模区分ごとに基準を設けています。

ホワイト企業認定の設問構成

ホワイト企業認定の審査7項目は下記のとおりです。

①ビジネスモデル/生産性・・・10設問

②ワーク・ライフバランス・・・10設問

③健康経営・・・10設問

④人材育成/働きがい・・・10設問

⑤ダイバーシティ&インクルージョン・・・10設問

⑥リスクマネジメント・・・10設問

⑦労働法順守・・・10設問

各項目10設問あり、全部で70設問になります。

「はい」「いいえ」の2択で回答できる設問になっており、およそ10分~15分ほどで回答いただけます。

企業規模区分と緩和内容

企業規模は従業員数で3つに区分けをしています。

◎大規模・・・1000名以上

◎中規模・・・100名~999名

◎小規模・・・99名以下

また、公平に審査をするために、それぞれの区分ごとの不認定基準(足きり基準)を設けています。

大規模、中規模、小規模区分に共通して「労働法順守」は満点が基準となっております。

「労働法順守」は、法令は守っていて当然のものであるため、守られていない時点で足切りとしています。

そのほかの設問については、「労働法遵守」を除く6つの指標すべてを一定の水準で満たしていることを条件としています。

小規模は各1問ずつ、中規模は各2問ずつ、大規模は各3問ずつ満たしていることが基準となります。

ホワイト企業認定の認定ランク及び認定基準

すべての企業を公平に審査するために、企業区分ごとに認定基準を改正し、高い水準で取り組んでいる企業様を評価するために、取り組みに応じた認定ランクを導入しています。

これまで以上に中小企業の皆さんにも活用いただきやすい制度となっております。

 

ホワイト企業認定の審査の流れ・費用

ホワイト企業認定の審査の流れ

ホワイト企業認定の審査の流れは下記の通りです。

WEB審査を受ける

②各項目が点数で表示されたWEB審査結果をフィードバックします。

③仮認定/書類審査

④認定

①~④までは最短で3週間となっています。

①から②までは2,3営業日以内、

③で審査書類をすべて提出いただいてから認定まで2、3週間となっています。

ホワイト企業認定の費用

ホワイト企業認定の審査は無料で実施しており、取得後に初回費用が月額15,000円、
さらに1年後に更新料がかかります。(※1年契約)

ホワイト企業認定について

 こちらがホワイト企業認定の詳細ページとなっております。ぜひご覧ください!