社員の働きやすさを大切にし、向上心や好奇心を持って業務に取り組める環境に

2021.10.29
社員インタビュー

【インタビューを受けた人】
株式会社ラクーンホールディングス 林 義之様

【インタビュアー】
ホワイト財団 岩元 翔

株式会社ラクーンホールディングス

人事総務部 部長 林 義之様

会社紹介、事業紹介をお願いします。

ラクーンホールディングスは「企業活動を効率化し便利にする」という経営理念を持っていて、現在はEC(Eコマース)・決済・保証という3つの分野で事業の展開をしています。EC分野では、小売企業とメーカーの仕入れ取引を円滑に行えるような卸・仕入れサイト「SUPER DELIVERY(スーパーデリバリー)」、決済分野では、企業間取引における決済サービス「Paid(ペイド)」、保証分野では、月額制の売掛保証サービス「URIHO (ウリホ)」など、企業向けの取引インフラとなるようなサービスを展開しています。

特徴としては、開発から運営まですべて内製化している点があげられます。社員数の約3分の1はエンジニアとデザイナーで、上記のサービスもすべて自社開発ですし運営管理も内製化しています。開発の内製化は創業当初から徹底しており、「開発部門が社内にいてくれれば、サービスに関心を持った技術者たちと仕組みを作っていくことができ、意思疎通やスピードの面で大きな利点がある。将来的な長期成長のために必須」という代表の小方の考えからきています。また、昔ながらのビジネスをITを使ってリノベーションしており、ITをあくまで手段として捉えている点も大きな特徴です。新たに「〇〇テクノロジー」が生まれたら当然それも活用していくだろうという意味では、テックベンチャーなど他のITビジネスとの大きな違いだといえます。

働きやすさを大切にしている理由を教えてください。

働きやすいことと心身ともに健康であることはどちらも重要で、社員の生産性向上に繋がります。もちろん、社員自身が満足することも大切なのですが、会社の利益としても生産性向上という意味で十分トレードできているという考え方から、働き方を大切にしています。

従来のサラリーマンの働き方として「仕事一筋」という言葉がありましたが、ある一定の年齢になったときに友人や家族と過ごしたり自分の趣味のために十分な時間を使えるというのは、ラクーンでは重要なことだと考えています。仕事外のプライベートが充実してくると、健康面や新しいアイデアを生み出すことに良い効果があると考えています。これもまた生産性の向上に繋がることですよね。気合いや努力で乗り切るということは年齢を重ねるごとに難しくなるので、時間を捻出するためにも効率のいい働き方を考える必要があります。

今後注力していく取り組みや今後の目標を教えてください。

アフターコロナの社員の働き方や社員間コミュニケーションの強化です。全社員が意識していて、いまも議題になることの多いテーマです。フリーアドレス・ペーパーレスなど、デジタルコミュニケーションを推進していく環境は整っていますが、社員同士でも実際に会ってコミュニケーションを取ることが以前よりかなり少なくなりました。

ラクーンはオフィスをなくすという選択肢は持っていません。直接会って話して同じ時間を過ごす中で共同制作したり関係性を強化していく、ということをより活性化していかなくてはいけないと思っています。そのうえでオフィスの在り方は今後取り組むべき課題です。

もう一つは、リモート環境でもメンバーが積極的に交流できる仕掛けを、ITを駆使して作ろうと検討中です。コミュニケーション方法はどうあるべきなのかという点では今後注力していきたい課題です。

 

貴社で活躍している人材、または一緒に働きたい人物像を教えてください。

最低限の基準としてビジネスモデルに共感していただける方であることが条件です。あとは会社で標語として掲げている求める人物像は以下のような方です。

 

・色々なことに好奇心を持ち、向上心があり自分を成長させたい人

・実直さを持っている人

・地頭の良さと創造力を持っている人(教養やスキル、学歴は不問です)

 

具体的には、環境の変化を前向きに捉えられたり、新しいビジネスモデルや仕組みを作ることを楽しめる方です。さらに、そこに倫理観を持っている方を求めます。たとえ近道があったとしても、お客さんが喜ばないようなことはやるべきではありません。例えば、お客さんが望んでいないものを無理に売ったり、便利に使えていたものを利益のために不便にするというようなビジネスは、お金は稼げるかもしれないですが、皆さんには喜んでもらえないものです。たとえ遠回りしてもお客様や社会に喜んでもらえるビジネスを続けていくために、「実直さ」ということも掲げています。

また、学生さんの面接では、経験してきたことよりその感想を聞きます。「何日も徹夜して一生懸命勉強しました」「すごくバイトに打ち込みました」などその人によって学生時代の時間の過ごし方は様々だと思います。「野球に打ち込んで甲子園に行きました。」だけの話の方よりは、「野球では補欠でしたが、あのときこういう苦労があってこういう学びがありました。」という話をいっぱいしてくれる方の方が魅力を感じますね。何を感じたか振り返ることをして、感受性の豊かさを磨いてください。

 

ご担当者様が、個人的に会社を好きなポイントを教えてください。

チャレンジを許容してくれるところは一番良いなぁと思いますね。私は人事担当になって10年目ですが、「こういうことをやってみたい」ということを頭から否定されたり「ダメに決まってる」というのは一切ないです。「ここが直ればできる」など実行することを前提に管理職や経営層が考えてくれます。また、会社が社員を大切にしようというスタンスでいろんな物事を考えているところも好きです。福利厚生など環境面もですが、社員の成長に対する意識の強さも感じています。あとは、事業自体が世の中の役に立っているうえに事業化されて収益を生んでいる、というのは入社の決め手にもなりましたし、いまでもこの会社はすごいなと思うところですね。

企業選びのポイントのアドバイスをお願いします。

ビジネスモデルがしっかりしている会社を選ぶということが大切だと思います。事業が将来的に大きなニーズがあり、他社に真似されにくく、かつ社会貢献できている、ということをご自身で調べて理解するプロセスを踏むと非常に良いかと思います。その中で、面接を受けたり、制度を確認したりして、フィーリングが合う会社を選んでいただきたいですね。やりがいを感じて自信を持てますし、社風や性格に合う人たちと出会えるので、困難なミッションでも乗り越えられるはずです。

ビジネスモデルを理解することは難しいことではありますが、端折らずに時間をかけてほしいです。知名度や流行を追いかけて会社を選ぶと、入社した後で自分の価値観と合わずに苦労することになると思います。「どういう商材を扱っている会社なのだろう?」「どういう仕組みで儲けている会社なのだろう?」ということにも興味を持ってほしいなと思います。

  • この企業のページを⾒る
  • ホワイト財団

    代表理事岩元 翔

    求人広告媒体社、ITベンチャー企業にて自社採用業務、教育業務に従事。 その後、社労士事務所に参画し、関連先の約300社に対して、中小企業向けの人事労務コンサルティングを行う。 2013年に株式会社ソビアを立ち上げ、2020年には一般財団法人日本次世代企業普及機構の代表理事に就任。 これまでの経験、実績を活かし、経営者や従業員にとって道しるべとなる「ホワイト企業指標」を作り上げ、 中堅中小企業が改善すべきポイントに適切なアドバイスや研修の場を提供している。