このページの先頭です

ホワイト企業認定の流れ・採点方法・認定料

ここから本文です

ホワイト企業認定取得までの流れ

  • 1.WEB審査を受ける

    https://jws-japan.or.jp/wp/web_shinsa/より審査を受けていただきます。

  • 2.WEB審査の結果をフィードバック

    各項目が点数で表示されますので、自社の状況・弱み・強みがわかります。

  • 3.仮認定/書類審査

    1.のホワイト企業認定審査の段階で、認定基準を満たしていた場合「仮認定」となり、その後、書類審査に進んでいただきます。

    [仮認定後の根拠書類について]
    ①根拠書類の提出
    審査結果に基づいた根拠書類のご提出
    ➁労働法遵守証明書の提出
    「労働法遵守」の項目について専門家によるご証明
    ※弁護士・社労士・労働者代表のいずれかのサインが必要になります。
    ③財務状況証明書の提出
    「ビジネスモデル/生産性」の項目について「はい」と回答した設問に該当箇所がある場合のみ専門家によるご証明
    ※会計士・税理士のいずれかのサインが必要になります。
    ④ホワイト企業認定に係る承諾書の締結
    審査点数や根拠書類の内容等に虚偽がないことなどの最終確認
  • 4.認定

    ・ホワイト企業認定マーク
    ・ホワイト企業認定証
    を付与、贈呈いたします。
    認定マークは名刺やHP等に、認定証は社内やエントランス等に飾っていただき貴社PRにご活用ください。               

採点方法

ホワイト企業認定の採点は7つの項目をベースとしています。認定審査の70設問の内「労働法遵守」は満点必須、その他6つの設問項目については総合的に評価・判断し、認定ランクごとの認定基準に基づき、各ランクの認定が付与されます。
また、全ての企業を公平に審査するため、企業規模で区分分けし、それぞれの規模区分に緩和条件を設けています。

● 規模区分の従業員数について

大規模区分中規模区分小規模区分
従業員数
1,000名以上
100名〜999名
99名以下

● 認定ランクおよび認定基準について

認定名称/ロゴマーク大規模区分中規模区分小規模区分
プラチナ90%以上
かつ
2回連続認定取得
90%以上
かつ
2回連続認定取得
90%以上
かつ
2回連続認定取得
ゴールド80%以上75%以上70%以上
シルバー70%以上65%以上60%以上
ブロンズ60%以上55%以上50%以上
レギュラー50%以上45%以上40%以上

● 不認定基準について

大規模区分中規模区分小規模区分
不認定基準1労働法遵守項目全問「はい」であることが必要です。
不認定基準2
(足切り基準)
全項目について、3問以上の「はい」が必要全項目について、2問以上の「はい」が必要全項目について、1問以上の「はい」が必要

審査・認定・更新料について

ホワイト企業認定の審査と初回認定は半年間無料で実施しており、取得半年後に初回費用、さらに1年後に更新料がかかります。

  • 初回審査

    無料

  • 再審査

    無料

  • 初回認定

    無料

  • 更新料

    15万円

更新の流れ

ホワイト企業認定は、1年更新となります。
更新の際は、1年間で取り組み内容等に変化がある可能性がございますので、再度ホワイト企業認定審査を受けていただきます。
認定期間の2ヶ月前に事務局より更新のご案内をメールでお送りいたします。2ヶ月間の間で更新の手続きをお願いいたします。

  • 1.WEB審査を受ける/更新審査費の振込

    更新案内が届きましたらhttps://jws-japan.or.jp/wp/web_shinsa/より審査を受けて頂きます。更新案内の際に更新料の請求書をお送りいたしますので、期日(認定期間の最終日)までにお振込みをお願いいたします。

  • 2.WEB審査の結果をフィードバック

    初回認定取得時と同様、WEB審査結果をフィードバックいたします。

  • 3.仮認定/書類審査

    初回認定取得時と同様、書類の提出をお願いしております。

  • 4.更新完了

    ・ホワイト企業認定マーク                 
    ・ホワイト企業認定証
    認定期間を更新したものを再度お送り致します。

ホワイト企業認定審査