このページの先頭です

よくある質問

ここから本文です

ホワイト企業認定について

一度申請をしましたが一度目は不認定でした。再度認定を申請することは可能でしょうか?
はい。不認定の理由について再度改善等をしていただき、再度申請していただいて構いません。
ホワイト企業認定とは国の省庁の制度でしょうか?
ホワイト企業認定は国の機関ではなく日本次世代企業普及機構にて独自に行っている認定制度です。
認定を取るとどのようなことに使用できるのでしょうか?
認定マークを付与しますので、企業のホームページ、採用広告等にご利用ください。
まだ認定申請をすると決まっていませんが無料診断だけ受けても良いでしょうか?
はい。無料診断だけでも構いません。ホワイト企業認定審査に回答いただくだけでも企業の状況が把握できますので、”働き方改革の促進”や”企業の問題・課題発見”等にお役立ていただけますと幸いです。
国などが実施している優良認定をすでに取得しています。申請が可能でしょうか?
はい。可能です。ホワイト企業認定は顧客満足、従業員満足、適正な利益のバランスが取れていることを認定します。この点は他の認定と異なりますので、ぜひご活用ください。
会社は10人しか従業員がいない会社です。認定と企業規模は関係がありますでしょうか?
はい。一般財団法人日本次世代企業普及機構は、21世紀、またはそれ以降の世紀にも残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘、認定、表彰する目的で誕生しました。人数に関わらず申請ください。
ホワイト企業認定には有効期限がありますか?
認定は1年更新になっています。ホワイト企業認定の基準は一度満たしたらそれで良いというものではなく、常に向上していく必要があると考えています。そのため1年更新とし、都度見直しをするような制度となっています。
認定への申請をしたら必ず認定されるのでしょうか?
申請をしたら必ず認定されるとは限りません。認定基準を満たして初めて認定されます。詳しくは審査項目のページをご確認下さい。
認定までどの位の期間がかかりますか?
WEB診断、書類審査後、その結果をもとに認定審査会にて審査をします。書類の提出状況で変動致しますが、最短で2週間、長くても約1か月程度で審査から認定まで完了する予定となっております。

審査項目について

審査項目はどの位の設問がありますか?
設問は、全部で59設問(形式審査基準:56設問、実質審査基準:3設問)となります。
ホワイト企業認定は満点でないと取得できませんでしょうか?
いえ、ホワイト企業認定の採点は、6つの項目をベースとしています。認定審査の59設問のうち、法令遵守の設問項目は満点必須、その他5つの設問項目は総合的に判断・評価し、6割の実施が確認された企業にホワイト企業認定を付与しています。
■ホワイト企業認定を取得した企業の得点例
A社・B社(中小企業)の場合、一部の設問項目は最低限の実施でしたが、他の項目において積極的に取り組んでいた為、総合的に6割を超え認定に至りました。
C社(大企業)の場合、全ての項目においてまんべんなく取り組みを実施しており、認定に至りました。
詳しくはホワイト企業認定の審査項目のページをご確認ください。
今後本審査においての設問は増減がありますか?
はい。今後の世の中の動きや法令の変更によって増減する可能性があります。