新着情報・お知らせ

くるみん税制の終わりと新しい動き

 

今回はくるみん税制についてをお伝えします。

■くるみん税制とは

平成27年から、企業が次世代育成支援対策資産を一般事業主行動計画に記載した上で、
くるみん認定、プラチナくるみん認定を受けた場合に、その資産について割増償却できるという制度です。

割増償却が出来ると、早期に費用化することが出来、利益が多い企業の場合は法人税が少なる出来るメリットがあります。

これはくるみんを受けた企業が、税制上でメリットを受けるようにした制度でした。
これは平成30年3月末までとなっており、延長が発表されない限り、来年で終わってしまいます。

 

■くるみん税制のメリット

青色申告書を提出していて、平成27年4月から平成30年3月末までに初めてくるみん認定を受けた企業は
認定を受けた事業年度に、割増償却が適用できます。

 

くるみんと、プラチナくるみんでは、適用できる率、期間が異なります。

 

■くるみん税制の終了が近い

くるみん税制は平成29年度末(平成30年3月末)までとなっていますので、延長が発表されない限り終了予定となります。

 

■人事が知っておきたい動き
財務省と厚生労働省は2018年度税制改正で、企業内保育所向けの新たな税制上の優遇措置をつくる動きがあります。

平成29年11月20日付けの日経新聞によると、
「遊具などの設備について企業の税負担を軽くする。
仕事と子育ての両立支援に力を入れる企業に対し、
税制面からこの流れを後押しする狙い。
安倍晋三政権が掲げる待機児童の解消につなげていく」とのことです。

今のところ、企業主導型の保育所のみが対象となっているようです。

 

続きを読む

運営ブログ

一つの会社だけにいることのデメリットは?

1つの会社だけにいるリスク

 

新卒で入社した会社に、ずっと定年までいる。

そんな時代がありましたが、今はそんな時代ではありません。

1つの会社にずっといることについて、リスクがあることをご存知でしょうか。

■スキルがその会社のためのスキルしか身につかない。

例えば金融機関に勤めている場合、メール、チャット、エクセルといった機能は、全て社内システムで完結する場合が多いです。

実際私も損害保険会社にいましたが、エクセルやPPTといったものは、一般のものを使うということはありませんでした。

こういう状況が当たりまえだったので、その企業を離れてから一般のシステム、エクセルやワードのツールに「大分遅れている」と感じたものでした。

スキルや知識がその企業だけのものにいつの間にかなっている、

・・・とても怖いですね。

独立して一人立ちをする力がいつの間にか失われていることになります。

続きを読む

運営ブログ

副業を一番している年代は〇歳台!

どの年代が副業を活用しているのだろう?

就業構造基本統計によると、

年齢別では

・30歳以上49歳以下は36.2%

・50歳以上69歳以下は46.6%

・15歳以上29歳以下は11.6%

中高年層と、30歳以上の働き盛りのゾーンが副業している人の割合が多い事が分かります。

体力、気力もある年代と、仕事にも余裕が出来ていたゾーンが副業をしているのですね。

 

これからは副業、複業が当たりまえになる時代。

新しい働き方の一つとして考えてもいい時代です。

続きを読む

運営ブログ

副業を禁止している企業は〇%

先日ソフトバンクが複業(副業)を解禁したというニュースがありました。

最近話題の複業解禁。

現時点でどの位の企業が副業を解禁しているのでしょうか?

 

 

2017年リクルートキャリア調査によると、

就業規則で複業を

・禁止している  48%

・規定自体がない 39.6%

となっています。

規定自体がない、ということは、禁止はしていないので、出来るということになります。

とはいえ、「慣例例的に禁止をしている企業も相当数いる」ということがその調査では示されています。

 

 

逆に副業をしている就業者は234万人。

副業を希望する就業者は368万人(5.7%)

潜在的に希望する就業者は一定数いるということが分かります。

 

厚労省の働き方改革実行計画によると今後副業が増えていくという計画が示されています。

一つの企業に雇用され、ずっと働くというのは「古い」時代の働き方になる、ということですね。

download.jpg

続きを読む

運営ブログ

看護と仕事との両立が必要な理由

厚労省と財務省は、25日、予算編成をめぐり診療報酬と介護報酬の改定の検討に入った

というニュースが出ています。

病院で今までは臨終を終える人が一般的でした。

これからの高齢化社会では、

病院はもう一杯になってしまいます。

入院ではなくできれば在宅で療養してほしいという動きは近年病院でもありました。

社会保障費はすでに120兆円を上回っています。

これからは23%増えるという試算もあります。

超高齢化社会到来で、高齢者が回復できる病床の需要は増していますが、追い付いていないのが現状。

つまり、在宅看護が増えてくるということです。

だれが看護をするのか。

それは現役世代のわたしたちです。

 

つまり、企業が看護と仕事の両立を可能にしない限り、優秀な人材が辞めざるを得ない状況が来ているということです。

私も他人事ではありません。

じつは好きな場所で仕事をしている、看護をしていないというのは、奇跡的な状況だといえます。

看護と仕事との両立支援施策も、企業は考えていかなくてはなりませんよ。

 

続きを読む

運営ブログ

仕事の属人化をなくす方法は?

無意識のうちに、自分しかできない仕事を作り出す・・

出来るビジネスマンにありがちです。

でもこれは、本人が本当に臨む時にキャリアアップ出来ない要因になるとご存知でしたか?

 

仕事の属人化をやめようというのはよく言われる話。

マニュアル化を進めたり、多能工化でジョブローテーションを進めたり、

いろいろ企業は苦心しています。

 

そんな中でも、自分にしか出来ない状態を無意識に作り出してしまうマネージャーもいます。

情報、ノウハウ、知識を共有したがらないマネージャーです。

彼ら彼女らはお客様や同僚や部下から頼られることにやりがいを感じるタイプ。

「聞いてもらえる」=頼られる

という構造が出来上がっています。

 

これは心理学でいう自己重要感が満たされている状態。(かりそめですが)

自分がいないと仕事が回らないということに、自分の重要感を満たしているのですね。

 

でもこれではいざキャリアアップして転勤する場合に、

その職場を離れられなくなります。

また、本当に「出来る」「分かっている」上司からは評価は低いです。

「教えること」「シェアすること」が出来てマネージャーです。

そのことを知っている上司からの評価は低いでしょう。

 

ですので、会社としては「いかに教えているか」という項目を評価項目に入れるとよいです。

自己重要感をかりそめの状況で満たしていることは、頭でわかっていても構造に入れ込まないと浸透しません。

 

企業の評価項目には「人を教えているか」「育てているか」という項目を入れましょう。

それが仕事の属人化を防ぐ一つの方法です。

download.jpg

https://newspicks.com/news/2565815?ref=search&ref_q=%EF%BC%B0%EF%BC%B2&ref_t=top&status=reload

続きを読む

運営ブログ

リカレント教育の時代へ

厚労省が主婦や社会人の学びなおしのための調査を来年開始。

学生時代に学んだことをそのまま一生涯活用することなど人生100年、

生涯現役時代突入のこれからは無理。

 

いつでも40代50、70代でも学びなおしてそれを社会に還元する、

そういう考え方が必要ですね。

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20171024&ng=DGKKZO22617690U7A021C1EE8000

続きを読む

運営ブログ

\本業の生産性をアップさせる副業(複業)とは?/

ソフトバンクが副業解禁のニュースがありました。

社外活動を通じて新しいアイディアを得て、

本業に活かすことが目的とのこと。

 

アイディアの作り方はもうステップに分かれてます。

ひらめきは能力やクリエイティブの感性ではなく、

どれだけ情報をインプットしているかという、アイディアの素のインプット量。

 

副業解禁によって、アイディアの素に触れる社員が多くなり

本業に活かされる、

それで本業の生産性がアップする、

時代の流れだし、とても効率的ですね。

続きを読む

運営ブログ

\成果を出す人に共通するポイント/

「成果を出す人は新しいツールにチャレンジして使いこなしている」

メールの処理で仕事が捗らない人も多い。

チャットやメールよりよりリアルなコミュニケーションで

仕事の依頼などもこなす人が増えてきています。

 

実際私も、メールより、メッセンジャーやチャットで気軽に話しかけられる感覚で、

「~ですか?」と聞かれたり「~をお願い」と言われることが多いです。

 

メールよりチャット機能やメッセージ機能はより会話に近い感覚でやり取りできますね。

SNSでもよりリアルに近い方が仕事がサクサク進みます。

私もまだまだですが、最低限(この最低限がどこか、という問題もありますが)のSNS機能は使いこなさないと、

ビジネスでついていけない時代が来ていますよ!

 

Internet of Things

続きを読む

運営ブログ

\10/2の日経新聞に掲載されました/

【日経新聞に掲載されました】
本日の日経新聞の11面で取り上げていただきました。

働く人がもっと軽やかに働いてもいい、
頭の中にある枠をとっぱらって
もっと自由に。

ホワイト企業認定を通じて、

そのような社会が早く実現しますように。

続きを読む

運営ブログ

\生産性の鍵は睡眠にあり??/

生産性の鍵は睡眠にあり。

厚労省の睡眠指針でも、

睡眠の質や時間が生産性に影響を与えることが記載されています。

たとえば、スリーマイル島の原発事故も睡眠不足による集中力低下だという指摘もあります。

また、起床後15時間経過した脳は飲酒をしたときと同じ酩酊状態とも。

 

今日は主催しているワークライフバランス継続勉強会で睡眠マネジメントについてゲストをお招きして講演です。

 

 

とても楽しみです。

続きを読む

運営ブログ

Page Top