このページの先頭です

評議員・理事紹介

ここから本文です

理事紹介

岩元 翔

ホワイト財団 代表理事

経歴紹介

東証1部乗上場企業の求人広告会社にて新卒・中途採用のコンサルティング業務を学び、その後ITベンチャー企業にて自社採用業務、教育業務に従事。
ホワイト財団の創業時から現在の仕組みを誕生させ2020年に一般財団法人日本次世代企業普及機構の代表理事に就任。これまでの経験、実績を活かし、経営者や従業員にとって道しるべとなる「ホワイト企業指標」を作り上げた。

メッセージ

「ホワイト企業」という名称は概念であり、いい会社には人それぞれに基準や解釈があると思います。私たちはその基準を可視化し、働くすべての方が自分に合った会社を選べる仕組みづくりをすることがホワイト企業認定のミッションだと考えています。

現在の就職活動においては企業選びの参考となるの情報が明らかに不足しており、ミスマッチが多発していることが大きな社会課題です。企業の良いところ、あるいはまだまだこれからのところを、もっとわかりやすい形で世の中に伝えることで企業にとっても働く皆さまにとっても最適な就職の形を実現できます。

ホワイト財団では、認定企業様、パートナーの皆さま、多くの経営者様、人事関連担当者様から経験や知識をいただきつつ、時代背景に常にマッチした項目や基準を追求し、就職活動の新しい形を世に広げていきたいと考えています。

何卒ご協力・ご指導よろしくお願いします。

今田 基也

ホワイト財団 理事

経歴紹介

大阪府出身。東証一部上場の広告・就職情報会社に就職し約12年間一貫して大手・中小企業の新卒・中途採用支援にプレイングマネージャーとして従事。
企画営業コンサルタントとして、年間成績優秀賞(2回)、MVPを獲得。
これまで延べ800社以上の人事戦略、採用課題に寄り添う。
2020年12月より一般財団法人日本次世代企業普及機構の理事に就任。
これまでのメディアの経験を活かし、人事労務コンサルティングのプロフェッショナルとして
「家族に入社を勧めたい次世代に残していきたい企業」を目指すアドバイスを提供している。

メッセージ

企業が採用活動において課題として自社の労働環境の強みや魅力が上手く伝わらず、新卒学生や求職者から選ばれないということをよく耳にします。

自社に合った人材とは、どういう人物像なのか。自社は他社と比較した際にどの点が優れていて、優れていない点はどこなのか。そういった現状把握が出来ていないまま、採用活動をしていてもミスマッチが続き、これまでの採用活動の労力や経費が無駄になってしまいます。

私たちは、学生や求職者の時代の流れによって変化する価値観や働く環境・制度などの基準を明確化して 学生や求職者にとって不足した情報を開示できる仕組みをホワイト企業認定を通じて広げていきたいと考えています。