このページの先頭です

お知らせ

ここから本文です
お知らせ
第4回ホワイト企業アワード25社が決定しました!

一般財団法人日本次世代企業普及機構(所在:大阪府大阪市、代表理事:五味田匡功、以下ホワイト財団)は、3月14日に次世代に残すべき企業を表彰する「第4回ホワイト企業アワード」の授賞式を開催致しました。応募総数1091社、2次審査通過企業60社、そのうち見事に受賞した企業は25社でした。

 

■今年最も注目するべきホワイト企業「ホワイト企業アワード2019」の授賞式を開催!
本アワードはホワイト財団が2016年から一年に一回実施しているイベントで、今回で第4回を迎えました。
2018年10月15日から募集を開始し、2月より審査員による審査を重ね、応募総数1091社の中から”次世代に残すべき素晴らしい会社=ホワイト企業”の中で、今年最も注目するべき企業「ホワイト企業アワード2019」受賞企業25社が決定しました。

 


受賞企業様と弊財団代表理事・五味田匡功、株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長・小室淑恵

 

各部門の受賞企業は下記の通りです。
※企業名は不順同

 

1.理念共有部門・・・長期ビジョンを従業員と共有し一体感ある組織づくりを行っている

    ・株式会社エフアンドエム
    ・トークノート株式会社
    ・株式会社バーテック

 

2.生産性向上部門・・・生産性向上のための画期的な取り組みを行っている

    ・株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
    ・ロングライフホールディング株式会社
    ・株式会社トモエシステム

 

3.ダイバーシティ&インクルージョン部門・・・全ての従業員がそれぞれの特色/個性/経験を活かし”活躍できる会社”を目指して、多様な人材の活躍支援を行っている

    ・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
    ・株式会社ゲオホールディングス
    ・株式会社浜学園

 

4.ワーク・ライフバランス部門・・・従業員のワーク・ライフバランスの実現に向け、創意工夫した取り組みを行っている

    ・株式会社NTTスマイルエナジー
    ・アイアール株式会社
    ・ヤマダイ食品株式会社

 

5.柔軟な働き方部門・・・全ての従業員が”働きやすい会社”を目指して、就業場所や時間、ライフステージにとらわれない多様な勤務形態を導入している

    ・株式会社アワーズ
    ・TIS株式会社
    ・Chatwork株式会社

 

6.健康経営部門・・・従業員のワーク・ライフバランスの実現に向け、創意工夫した取り組みを行っている

    ・株式会社スヴェンソン
    ・株式会社サカタ製作所

 

7.人材育成部門・・・従業員の育成/能力開発のための画期的な取り組みを行っている

    ・株式会社エーピーコミュニケーションズ
    ・御堂筋税理士法人
    ・株式会社フォーラス&カンパニー

 

8.働きがい部門・・・従業員の働きがい向上のための取り組みを行っている

    ・ライフネット生命保険株式会社
    ・万協製薬株式会社
    ・株式会社ピアズ

 

9.チームホワイト企業賞・・・ホワイト企業認定の基準には満たしていないものの、ホワイト化に向けて高い意識をもって挑戦し、ホワイト企業と同様の取り組みを行っている

    ・株式会社ZENKIGEN
    ・株式会社D&I

 

10.ホワイト企業アワード《最優秀賞》・・・2019年度において日本で最も素晴らしいホワイト化の取り組みを行っている

    ☆株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
    ☆株式会社サカタ製作所

 


(左から)弊財団代表理事・五味田匡功、株式会社サカタ製作所取締役・坂田準一様、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン・菊池一恵様、株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長・小室淑恵

 

■「ホワイト財団」とは?
ホワイト財団は”次世代に残すべき素晴らしい会社=ホワイト企業”を発見し、日本中、世界中に認知されるべく、ホワイト企業認定を実施しています。「ホワイト企業アワード」はその活動の一環でありホワイト企業認定を受けた企業の中で、今年最も注目するべきホワイト企業を決定し世間に認知していただく目的として、年に1度を開催しています。

 

≪本件に関するお問い合わせ≫
一般財団法人 日本次世代企業普及機構 広報
担当:鶴飼(つるがい)
電話番号:0120-514-461 携帯番号 :080-3414-7416
メール: jimukyoku@jws-japan.or.jp

2019.04.03 up
Pocket