自己分析ってなぜ必要?就活前に知っておきたい“自分と合う企業”の見つけ方

2022.01.11
#自己分析#面接対策

「仕事が(会社が)自分に合わなかった」

 

退職理由をランキングにしたとき、高い確率でランクインしている項目です。

皆さんも就職活動を進める中で、

 

「自分に合う仕事を見つけましょう」

「自分に合う会社の見つけ方」

 

といったワードを目にする機会があったのではないでしょうか?

本日は「自分に合う仕事との出会い方」についてご紹介します。

自分に合った仕事と出会い、納得のいく就職活動となるよう、本記事をお役立ていただければと思います。

 

自分の「大事」の見つけ方

就職活動を進めていくと選択を迫られる機会が必ず出てきます。

内定が出るのは一社とは限りません。複数の選考を受けていてれば、同時に内定を抱える場面も出てきます。

嬉しい悩みかもしれませんが、皆さんの体は一つですので、入社できる企業は一社オンリーです。

 

では、上記のように複数の企業から一社を選ぶときや、数ある企業の中から選考を受ける企業を選ぶときは、何を大事にすれば良いのでしょうか?

 

「賃金」、「休日」、「福利厚生」など人によって大事とするポイントは異なります。

第一にその大事とするポイントは本当に自分の感性と合っているのでしょうか?

「何が合うか」をキチンと把握できていないと、ミスマッチに直結し、最終的に早期離職につながってしまいます。

 

まずは「自分の大事」をキチンと把握するところからスタートしていきましょう。

 

①自己分析

今となっては就職活動の登龍門ですね。どんな仕事、会社があるか知る前に、まずは自分のことを知ることが第一歩です。

自分の指針を決めずに就職活動を入ると、すべての企業へ総当たりしていくことになります。これでは身も心も持ちません。

 

自己分析は文字通り今までの自分と向き合うことで、自分を分析し、自分への理解を深める作業です。

「どういったことに喜びを感じるか」「自分が大事にしてきたのはどんなことだったか」、今まで感覚的だった自己の価値観や強みを言語化していきます。

 

価値観がわかると、自分の中で優先すべきポイントのランキングができ、企業選びを絞りやすくなります。

また、強みがわかればどんな仕事に活かせるかも明確になっていきます。

 

②業界研究・企業研究

現在、どういった業界や企業があるかを知るために行います。

自己分析の結果と照らしながら「自分のやりたいこと」ができる業界や、「自分の強み」が活かせる企業を見つけていきましょう。

 

業界研究は、例えば、自己分析で「今まで野球をしてきたため、何らかの形で野球に関わっていきたい」といった価値の場合、スポーツメーカーや、スポーツ飲料を販売している飲料メーカーが考えられます。

業界について知見を広げることで、自分の価値に合うものとそうでないものの取捨選択ができ、選択肢を絞っていくことができます。

 

業界研究の方法はたくさんありますが、自分が管理しやすいと思う方法で行っていきましょう。

手早くできる方法はノートにまとめると、分析の結果も見直しやすく、情報の追記や振り返りが簡単にできますのでオススメです。

 

業界研究と並行して企業研究を進めていくことも大切です。

同じ志望業界に属する企業であっても「事業内容」「事業規模」「業務範囲」「働き方」など企業ごとに異なります。

ここも自分の価値と照らし、自分の大事とすることとマッチする企業を探していきましょう。

 

③キャリアプランを考える

「自分がどんなキャリアを歩んでいきたいのか」

 

働くうえで目標や、モチベーションとなりますので、頭の中にある大まかなイメージを書き出してみましょう。

 

「最終的にどうなりたいか」を設定し、そうなるために3年後、5年後にはどうなっている必要があるかを考えてみましょう。

将来の自分をイメージする中で「どんなステージにいたいか」「どんなスキルを身に着けているか」とともに、結婚や育児といったライフイベントを盛り込むとより具体的なキャリアプランになります。

 

キャリアプランを用意できたあとは、どんな業界、企業であれば実現できるかという判断指針として活用していきましょう。

 

※キャリアプランについては別記事“キャリアプランとは?考え方や注意点、メリットをまとめてみた”で紹介しています。

※キャリアプランのより具体的な作成方法を別記事“キャリアプランシートを作成する手順や例、面接対策まで解説!”で紹介しています。

 

意識の持ち方

「どんな仕事が自分に合うのか?」

 

ここまでで自己分析やキャリアプランといった手法をご紹介しましたが、実際に出会うまでにはどうしても時間がかかります。

その際に焦りは禁物です。

多少の時間がかかっても、以下のような注意点に気を付けて進めることをオススメします。

 

 

①食わず嫌いをしない

早くから特定の業界、企業に絞ることはオススメしません。

 

他を見ずに絞ってしまうと、その業界、企業で落選した際に、別ジャンルで業界研究を一から始めなければなりません。

 

指針(自分がやりたいこと)を明確に定めたうえで、「どんな業界ならば実現できるのか」「他業界での可能性を見落としていないか」といった広い視野を持つと選択の幅が広がります。

 

「知らない」より「知っている」方がオトクです。

選択肢になかった業界に意外と興味を惹かれたり、まったく知らない企業でも魅力的な先輩社員が多く活躍して一緒に働きたいと思ったり、当初の自分とは異なる価値との出会いも隠れています。

 

食わず嫌いをせず、自分の条件とは違っても、行き詰った時ほど多角的に業界・企業を調べてみましょう。新たな出会いや気づきが潜んでいるかもしれません。

 

②「好き=天職」とは限らない

好きな仕事が天職になるとは限りません。

 

好きなことを仕事にすると、理想と実際の業務とのギャップで悩み、モチベーションが維持できずに離職されるケースが多くあります。

何が向いているかは意外と第三者の方が気づいてくれたり、仕事を実際に取り組む中で適職だと気付くケースもあったりします。

 

「好き」から一度焦点を外して、前述の食わず嫌いのように広い視野で探す意識を持つようにしてみましょう

 

③完璧を求めない

自分の理想と100%マッチする企業を探そうとしていませんか?

 

自己分析で自分が何を大事にしたいかが把握でき、そのすべてを満たす企業を探そうと出口のない迷路に入り込んでしまします。自分の大事とすべきことがわかった段階で、譲れないことと、妥協できることを区別化し、その中でも優先順位を付けてみましょう。

 

仮に理想とする企業に入社できたとしても、完璧を求めすぎると、入社後に些細なことで「理想と違う」と悩んでしまい、早期離職につながる可能性があります。

そこで、「完璧な会社など存在しない」という前提で考えてみましょう。自分がやりたいこと、大事にしたいことを絞り、企業選びを進めると該当する企業が見つかるはずです。

 

まとめ

終身雇用時代は終わったと言われるようになりましたが、それでも「安心して長く働き続ける会社に入りたい」という意見の方が大半ではないでしょうか。

就職活動の期間で、自分が働きたいと思える会社に出会い、そこへ就職し、自分の目標とするキャリア積み上げることができればそれに越したことはありません。

 

その第一歩として、まずは「自分が大事にすべきポイント」を明確にし、イメージを具体化していきましょう。

自己分析を通じて自分が大事としているポイントを把握すると、新たな気づきがあったりしますので、そんな発見を楽しみながら、ポジティブに就職活動を楽しめるとステキですね。

 

関連記事